俳句の世界 皆さんからのご応募、感謝いたします。季節を感じる句を多数お寄せいただきました。

あけましておめでとうございます。本年も皆様方にとって良い年となることを祈念いたします。
読むだけで豊かな感性が磨かれる。そんな俳句を掲載しました。ご鑑賞ください。今回ご応募いただいた句は、2月末まで掲載いたします。
  (次回締切は 2月26日、次回掲載期間は 3月と 4月です)

習志野 大慈弥 爽子

■ さし交はす枝の先まで春隣

■ 洗濯も掃除もしたくなる三日

■ 海を恋ふ音たて乾きゆく若布

■ 金縷梅のいぢけ加減をひからせる

■ 剪定を尽くしすっからかんの枝

藤沢 藤田 富子

■ 黄落の池にきらめき散らしけり

■ いにしへの名刹の跡落葉降る

■ 凪わたる海一望の冬日和

■ 眼科医の俳句談義や十二月

■ 短日の刻の過ぎゆく探しもの

八王子 石井 蓉子

■ 行商の声の届きしも柚湯かな

■ 明日冬至店の角占めゆず売り場

■ 通院を終へそれよりの年用意

■ 作業所につけば声来る霜の朝

■ クリスマスサンタ待ちたる早寝かな
町田 小森 まさひこ

■ 水仙の咲きて日本海荒ぶ

■ 雪壁を登校路とせる小学生

■ 大雪を靴に語らせ集ひたる

■ 薄氷を進みゆく日の刻々と

■ 雪富士のダイヤモンドの夕日かな











  

★過去に掲載された句★(PDF)
2004年   2005年   2006年   2007年   2008年   2009年   2010年
2011年   2012年   2013年   2014年   2015年   2016年   2017年   2018年

シルブレ俳句コーナーでは、皆さんが投稿された俳句を掲載致します。
投稿規定
・資格は特になし。
・投句数は、一人5句まで。
・掲載の可否は「シルブレ俳句コーナー」編集部に一任。
・投句は、シルブレ俳句コーナー係にメールにて。
member@silver-brain.com