俳句の世界 皆さんからのご応募、感謝いたします。季節を感じる句を多数お寄せいただきました。

まだ桜が咲いている地域もあるのに、別の地域からは真夏日の知らせが届く。日本列島は本当に南北に長いですね。
読むだけで豊かな感性が磨かれる。そんな俳句を掲載しました。ご鑑賞ください。今回ご応募いただいた句は、6月末まで掲載いたします。
(次回締切は 6月26日、次回掲載期間は 7月と 8月です)

習志野 大慈弥 爽子

■ ひとひらの揺れてひとひら散るポピー

■ まっすぐに泳ぎにくさうなる金魚

■ けだるき香立て山梔子の花の錆

■ 絞り出す気力を焼きつくす暑さ

■ ビル群は首都の幻想夏霞

藤沢 藤田 富子

■ 行楽の戻り渋滞花曇り

■ 古民家の藁屋根ゆらり陽炎へる

■ 沈丁の香りほのかにひろごれる

■ 初花の下に寄り添ふ道祖神

■ のどけしや嬰児は母に知恵増せり

八王子 石井 蓉子

■ 春の雨静かな静かな日曜日

■ 三年の日々を思へば桜咲く

■ 一人居の家事進みゆく春の朝

■ さえずりの部屋に飛び込む朝かな

■ 山なみを近くに見せて光る風
町田 小森 まさひこ

■ 翡翠の色を残して飛びゆけり

■ 改めて思ふ憲法記念の日

■ メーデーや年俸契約すませけり

■ 卯波打つ太平洋を刺す岬に

■ 俳聖の乗船の地の出水かな










  

★過去に掲載された句★(PDF)
2004年   2005年   2006年   2007年   2008年   2009年   2010年
2011年   2012年   2013年   2014年   2015年   2016年   2017年

シルブレ俳句コーナーでは、皆さんが投稿された俳句を掲載致します。
投稿規定
・資格は特になし。
・投句数は、一人5句まで。
・掲載の可否は「シルブレ俳句コーナー」編集部に一任。
・投句は、シルブレ俳句コーナー係にメールにて。
member@silver-brain.com