俳句の世界 皆さんからのご応募、感謝いたします。季節を感じる句を多数お寄せいただきました。

ゴールデンウイークを経て、うっとおしい梅雨が過ぎれば夏本番。季節の経つのは早いものです。今回の特別ゲストは小林一茶さんです(笑)。
読むだけで豊かな感性が磨かれる。そんな俳句を掲載しました。ご鑑賞ください。今回ご応募いただいた句は、6月末まで掲載いたします。
  (次回締切は 6月26日、次回掲載期間は 7月と 8月です)

習志野 大慈弥 爽子

■ 雲の道風の道なる朴の花

■ 豆の花咲かせラジオを連れとして

■ 声の色変へてささめく百千鳥

■ 落日の影くれなゐに雪解富士

■ 茅花流しに遠き世を引き寄する

藤沢 藤田 富子

■ 筧落つ水の奏でる春のうた

■ 春寒の池底に鯉のみじろがず

■ 友ひとり去りふたり病み春憂ふ

■ 咲き初むる花に無慈悲な雨しとど

■ 春の浜芥のこして潮の引く

八王子 石井 蓉子

■ まんじゅう屋そこが仕事場藤の花

■ 春の日や洗濯物は日の匂ひ

■ 春風やどこもかしこも笑ってる

■ 春は良しつくしたんぽぽすみれ草

■ 帰り道陽射しは強し矢車草
町田 小森 まさひこ

■ 荒れ狂うことも下町三社祭

■ 三社祭雷門を埋め尽くす

■ 激しきは女神輿に三社祭

■ 東京の田植の舞や三社祭

■ 浅草に季節呼び込む祭りかな

小林一茶

■ 雀の子そこのけそこのけお馬が通る

■ やせ蛙まけるな一茶これにあり

■ 鳴く猫に赤ん目をして手まりかな

■ われと来て遊べや親のない雀

■ 夕月や鍋の中にて鳴く田螺











  

★過去に掲載された句★(PDF)
2004年   2005年   2006年   2007年   2008年   2009年   2010年
2011年   2012年   2013年   2014年   2015年   2016年   2017年   2018年

シルブレ俳句コーナーでは、皆さんが投稿された俳句を掲載致します。
投稿規定
・資格は特になし。
・投句数は、一人5句まで。
・掲載の可否は「シルブレ俳句コーナー」編集部に一任。
・投句は、シルブレ俳句コーナー係にメールにて。
member@silver-brain.com