俳句の世界 皆さんからのご応募、感謝いたします。季節を感じる句を多数お寄せいただきました。

読むだけで豊かな感性が磨かれる。そんな俳句を掲載しました。ご鑑賞ください。今回ご応募いただいた句は、8月末まで掲載いたします。
  (次回締切は 8月27日、次回掲載期間は9月と10月です)

習志野 大慈弥 爽子

■ ゴージャスに切るマンゴーの種が邪魔

■ 日盛の街が歪んでをりにけり

■ 静かさといふ激しさに日の盛

■ 初秋の星影ゆっくりと動く

■ 白玉や旧知のやうな初対面


八王子 石井 蓉子

■ 新しき部屋得しところ柿の花

■ 紫陽花の蕾大きくなりしかな

■ 片思いせし時をふと矢車草

■ 一人居に空は大きく桜桃忌

■ 夏至の夜の夜更かし吾城ワンルーム


町田 小森 まさひこ

■ 開発の波に抗せぬ噴井かな

■ 校門の脇の噴井の説明書

■ 泥鰌鍋焼けたる舌に葱をあて

■ 若人の主役となりし盛夏かな

■ 菜園の隅に独活あり花咲かせ



★過去に掲載された句★(PDF)
2004年   2005年   2006年   2007年   2008年   2009年   2010年
2011年   2012年   2013年   2014年   2015年   2016年   2017年   2018年   2019年

シルブレ俳句コーナーでは、皆さんが投稿された俳句を掲載致します。
投稿規定
・資格は特になし。
・投句数は、一人5句まで。
・掲載の可否は「シルブレ俳句コーナー」編集部に一任。
・投句は、シルブレ俳句コーナー係にメールにて。
member@silver-brain.com