俳句の世界 皆さんからのご応募、感謝いたします。季節を感じる句を多数お寄せいただきました。

秋が一昔前より短く感じるのは地球の気候温暖化のせいでしょうか。それともエルニーニョ現象のせいでしょうか。
いずれにしても冬の足音が聞こえてくる今日この頃です。読むだけで豊かな感性が磨かれる。そんな俳句を掲載しました。
今回ご応募いただいた句は、12月末まで掲載いたします。   (次回締切は 12月26日、次回掲載期間は1月と2月です)

習志野 大慈弥 爽子

■ 行秋の風に包まれゆく歩み

■ 石蕗の花雨の暗さを灯しをり

■ 飴は好き草履は苦手七五三

■ 数へ日の人波あたふたと動く

■ 残る日を未来へつなぐ古暦

八王子 石井 蓉子

■ ガイドヘルパーの選びしバラを両親に

■ 月見草咲初む時に帰宅せり

■ 桜紅葉は掃くも社のボランティア

■ 香り立つ金木犀は入日色

■ 川風に吹かれ通院神無月
新宿区 壺守 景子

■ 軽トラの荷台はみ出す今年藁

■ ジェイアール最高地点の草紅葉

■ 冬木打つ雨黒々としみにけり

■ 鳥飛んで落葉一枚舞にけり

■ 炭竃の上に置きある一升瓶

町田 小森 まさひこ

■ 旅先は神有月の出雲とす

■ 蕎麦刈や山の高きに日を残し

■ 牛どちの去りて枯野となりにけり

■ 富士置きし冬野はさらに広くあり

■ まん丸の月の落ち行く大晦日

★過去に掲載された句★(PDF)
2004年   2005年   2006年   2007年   2008年   2009年   2010年
2011年   2012年   2013年   2014年   2015年   2016年   2017年   2018年   2019年   2020年
2021年   2022年

シルブレ俳句コーナーでは、皆さんが投稿された俳句を掲載致します。
投稿規定
・資格は特になし。
・投句数は、一人5句まで。
・掲載の可否は「シルブレ俳句コーナー」編集部に一任。
・投句は、シルブレ俳句コーナー係にメールにて。
member@silver-brain.com